2社以上のキャッシングの借り入れ

キャッシングで2社以上借り入れをしている人というのは、意外と多いものです。
キャッシングは無担保で比較的簡単に借りることのできる借り入れですが、
利用限度額は低めに設定されており、初めて申し込んだときには
10~30万円程度になっていることも珍しくありません。

そのため、さらにまとまった金額が必要な場合には、
他社でも同じようにキャッシングの申し込みをして現金を集める必要があります。
また、既に借り入れをしていたキャッシングが何らかの事情で返済できなくなったときに、
2社目の借り入れで返済にあてるという人も少なくありません。

このように、複数の借り入れをする場合にはいくつかの注意点があります。

借入総額が年収の3分の1を超えてはならない

まず、銀行以外の金融機関から借り入れをする場合には、
複数の業者からの総借入額が、利用者の年収の3分の一以上を
超えてはならないことになっています。
金融機関は互いに情報を共有していますので、利用者が他の会社で
いくら借りているかということはすぐに分かります。
これらを差し引いて利用限度額を設定しますので、
借入先が増えるほど、借り入れ可能な金額は減っていきますし、
やがてどこからも融資が受けられなくなります。
但し、おまとめローンを使う利点とはでおまとめについて言及しましたが
この3分の1以上を借入するケースもでてきます。主に銀行系の融資サービスが
そういったサービスを展開しています。

審査が厳しくなる

また、既に借り入れをしている人が新たに申し込みをする場合には、
始めの借り入れよりも審査が厳しくなることがあります。
返済額が高くなるので、ある程度安定した収入がある以外にも、
きちんと返済をしているかどうかをチェックされます。

あきらかな限界を超えた借入は危険!債務整理という道もある

2社以上3社以上と考える方は既に与信枠を与えられない状態に
陥っている可能性は大です。あきらかに返済能力以上の額を借金していて
さらに借りようとした時に貸してくれるところは危険です。
冷静に一度自分自身の限界を考えておかしいと思ったら債務整理 弁護士という道も
間違いではないと思います。 当然そうならないほうが良いに決まっていますがおきてしまった後に
債務整理はしたくないと思っても後の祭りです。
でも選択肢として許されることですから今後の人生をやり直すという意味でも
結構利用している人は多いです。